シングルパパの気ままな料理日記 そのほか

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッチオーブンで作るおでん 

おでんも全国的に色んな味があって美味しいですよね。食べたことないけどどろどろの味噌みたいになったやつとか…なんて言うだっけ?最近、ぼくは関西風に作ったおでんを生姜醤油でいただく姫路スタイルにはまってます。

というわけで今回はステンレスダッチオーブンを使ったおでんです。

DSC_0287.jpg

写真は仕込み最中のものです(汗

お鍋に半分より少なめの水を張って昆布を3枚ほど入れ2時間ほどおいた後に強火で鍋の温度を上げていきます。じっと観察しててぽつぽつを気泡が出てきたら弱火~中火ぐらいに調整して湯気がたつ程度にあくまでも沸騰しないように気をつけます。湯気がたってきたらダッチオーブンの重たい蓋をします。注意ですが蓋を火をかけた時に中が観察できる程度にかぶせておかないと保温効果がないので冷たい常態で蓋をしないようにしましょう。蓋して火を消して30分ほど放置します。ダッチーブンは保温力あるので良いですね。30分程度じゃほとんど温度さがりません。昆布がやわらかくなってたら取り出して強火で沸騰させます。沸騰したら鍋に金属製のざるを入れその中に鰹節をたっぷり投入します。入れすぎても構いませんのでがっつりと。5分ぐらいぐらぐらさせたら出汁の完成です。関西風の場合は薄口醤油、みりん、砂糖、お酒で味を調えて材料を入れたらできあがりです。


ステンレスダッチオーブンてふたがけっこうぴたっと密着、圧着してくれるので盛大な吹きこぼれしないので助かります。観察してたら湯気が漏れてきてふたの隙間からじわーっと汁が出てきますのでそのタイミングで火を弱火にして調整してください。後は好きなように加熱、保温を繰り返せば美味しくできあがります。

ダッチオーブンは吹きこぼれの心配が少なく保温力に優れているので煮込みや炊き込み料理にも適してますよね。次からおでんはダッチオーブンで決まりですね!

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ



スポンサーサイト

残り物で作るカレーラーメン 

カレー作ったらたいてい中途半端に残りますよね?え?残らないですか?まぁ、二日や三日ぐらい続けてカレーライスな日とかありませんか?ないですか…じゃ、どうぞブラウザの閉じるをぽちってくださいw

13448162556261.jpg

手鍋に市販の出汁を用意します。和風やカレーうどんにする場合は和風の鰹だし、ラーメンっぽくしたい場合は中華スープの素や鶏がら出汁などを使ってください。麺はお好みで大丈夫ですが出来れば細めんが良いと思います。ぼくはボンビーなんでいつも20円ぐらいの袋の焼きそばか中華麺使います。インスタントラーメンでもOKですよ。お好みの麺を出汁の中へ投入、軽く火を通したら(茹で時間は別です)カレーをどばどばーと投入するだけで完成です。とろみをつけるために片栗粉を溶かしいれても良いですし麺を投入する前にスライスした玉ねぎやもやしを入れておくとちょっと贅沢な感じになります。では、カレーライスに飽きたら一度お試しくださいませ。出汁とカレーの割合は五分五分ぐらいで良いんじゃないでしょうかね。ま、でも、それも作ったカレーと出汁によるので適宜調整しちゃってくだされ。


にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ



玉ねぎと豚挽き肉の炊き込みご飯 

見た目がいまいち美味しそうじゃないしトッピングに青い葉ものでも散らせばよかったんですが…ま、お許しを。

13429946206350.jpg

お米2合に対して200gの豚ひき肉を醤油、みりん、お酒で煮込んだもの(汁気は十分残します)とみじん切りにした玉ねぎ一玉分と一緒に炊き込みます。今回は戻した干し椎茸を戻し汁とともに入れました。今回、若干水分量が多かったので仕上がりべちゃっとしましたが美味しくできあがりました。基本的には水分量は白米炊くのと同じ量と考えてもらえばOKです。

冷めても美味しいというかむしろ冷めた方が美味しいかもしれないぐらい甘さとひき肉の旨味が出る炊き込みご飯です。秋口の行楽弁当にちょうど良いかもですね。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ



キムチチャーハン(キムチ焼飯) 

炒飯、焼飯、チャーハン...

ま、なんでも良いんだけどとにかく美味しいので大好きです。中でもキムチ入りのが大好きなんですよね。ほんと美味しい。

IMG_0066.jpg

基本、作り方なんて書かなくてもよろしいと思います。自分が作るチャーハンに食べやすく切ってキムチを入れてください。そしたら美味しいキムチチャーハンの出来上がりです。

何かのTV番組で関西では焼飯と言って主に具に葱の代わりにタマネギを使うと紹介されていました。そういやうちも基本はタマネギだな…ふむふむと思った記憶があります。ま、葱も使いますけどね。

美味しいチャーハンを作るには強い火力でささっと手際よく、パラパラにするのが良いとされてますが実際、家庭でそんなことできませんよね?いや、できないのです。そこでポイントをいくつか。

①作る分量は必ず2人前以下。できれば1人前。
②中華なべは使わない。鍋を振り回さない。←家庭では火力が弱いので。
③冷ごはんは使わない。

以上、基本これさえ守れば大丈夫です。

まず一膳に卵ひとつを目安にレンジなどで温めたご飯に生卵を混ぜます。卵かけご飯を想像してもらえばOKです。ここにマヨネーズも一緒に混ぜ込みます。マヨネーズ?!と気持ち悪いと思うのであればサラダ油を混ぜます。大さじ1杯弱ぐらいです。キムチチャーハンの場合はごま油を入れると良いでしょう。好みの材料(豚肉や叉焼など)をフライパンで炒めます。タマネギを使う場合は一緒に炒めます。火が通ればさっきの卵かけご飯を投入。はじめてのひとはこれで大丈夫か?と心配になりますが…大丈夫です。気にせずざっくり炒めていきましょう。料理が得意じゃないひとは中火ぐらいでやるとこげる心配もないので大丈夫ですよ。木製のヘラやお玉などで少しずつひっくりかえしていくとあら不思議ーーーー!!チャーハンが仕上がってきます。まぜまぜしながら塩胡椒したり醤油をいれて味を調えていきましょう。キムチを入れる場合は最後に仕上げとして入れれば良いです。この時、キムチの汁も入れてパラパラなんて関係ないぐらいの勢いで辛く仕上げれば完成ですかね。

では、お試しくださいませ。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


つぶやきはこちらで
 ↓ ↓ ↓
http://twitter.com/r_papa


肉うどん 

ども、生きてます。ちょいとネタ切れというか作ってもカメラ出してまで撮影するほどのものをなかなかという感じで停滞しておりましたが気軽にポストしておこうと思いましたので今回は「肉うどん」なお話です。

IMG_0149.jpg

肉うどんと言えば牛肉が当り前だと思ってたんですが実は豚肉を使うのもあるんだということを知ってしまい驚愕しましたが…肉じゃがも地方によっては牛、豚、鶏とそれぞれなんでありなんでしょうね。牛丼に対する豚丼という感じでしょうか?

① 牛肉を玉ねぎと一緒にお酒、醤油、味醂、砂糖で味付けをして炒めます。ま、炒めるというよりも煮込むと言った方が良いですかね。そして汁がなくならない程度で放置します。これが所謂、かえし+具になると考えてください。
② 一番だしをとっていきます。昆布を軽く拭いて汚れを落として水に沈めて1時間ほど放置し弱火で温めていきます。決してお湯がわかないように注意しましょう。めんどくさいなら湯気がたってきて鍋にぽつぽつと気泡がたってきたら蓋して放置でもかまいません。その状態で30分ぐらい放置。大体こんなもんで昆布だしが出てます。後は一気に中火から強火にしてお湯が湧いてくる寸前ぐらいで昆布を取り出し鰹節をこれでもか!!というぐらいにぶち込みます。1分ぐらいぐらぐらしたら耳かき一杯ぐらいの量の塩をいれます。これをするとうま味成分かつおに沈着するのを防げます。で、さらに放置。適当で良いです。クッキングペーパーとかざるでこしたら一番だしの完成です。
③ ①を一番だしに放り込みます。味をみながら汁の量は調整してください。ここでお好きな塩加減や醤油かげんをになるように調整してください。←好みはひとそれぞれですもんねと。

最後にうどんを湯がいて器に盛れば完成です。


まぁ、ここであえてブログにあげるような内容でもないとは思ったけど参考までにです。それと一番だしとるのに時間がなければ昆布は水からゆっくり中火で湧かしてもらっても平気です。ぐらぐらわいちゃっても問題ないです。実際、昆布から余計な苦み?が出るとか言われますが…後、鰹節投入後も適当にやっちゃってください。大丈夫です。ま、そんなもん本格的な味を追求したらの話でぶっちゃけ一般庶民には味の違いはわかりませんからね。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


つぶやきはこちらで
 ↓ ↓ ↓
http://twitter.com/r_papa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。