シングルパパの気ままな料理日記 大根とさばの煮付

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根とさばの煮付 

IMG_0554.jpg

毎度ながら魚の煮ものが苦手なんですが…ネットで色々検索してみたところ調理方法の根本的な考えが間違っていたことに今回はじめて気付きました。

以下、wikiより

煮る(にる)とは、水、出汁などの液体中で食材を加熱し、調味する調理法である。加熱した食材だけでなく、加熱に利用した液体(つゆ、汁)も同時に利用する。煮て調理された料理は煮物と呼ばれる。西日本の方言では「焚く・炊く(たく)」とも言う。特に、時間をかけて煮ることを煮込む(にこむ)という。

煮込み(にこみ) :長時間煮た料理
煮付け(につけ) :少量の汁でさっと煮た料理(主として魚を煮る場合に用いる)
含め煮(ふくめに):多目の汁で食材の中まで味がしみ込むように煮る料理。
煮染め(にしめ) :濃い味付けで時間をかけて煮た料理。
煮浸し(にびたし):薄味の汁でさっと煮てそのまま煮汁の中で食材を冷まして味をしみ込ませる料理。


全部煮込むと考えていたのが大きな間違い。まぁ、調理法の違いは知ってはいたのですが感覚的にわかっちゃいなかったんですね。で、とあるサイトで煮付について「魚の表面に味を煮てつけるのです」と記載されているのを見て、あぁなるほどね!となったんですね。どおりで美味しくないんだなぁと。

魚の煮付も今までは煮込んで味をしみ込ませるもんだとばかり考えていたのが大きな大きな間違いだったんですよね(汗)

というわけで次回からはちゃんと煮つけることにしますです(笑)


にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ


つぶやきはこちらで
 ↓ ↓ ↓
http://twitter.com/r_papa

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimamanaryori.blog79.fc2.com/tb.php/9-ffa462c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。